« 神速マスターへの道! | トップページ | 深追いはするな。確実に敵軍を仕留めるのだ! »

2006年7月14日 (金)

神速の大号令 VS 猛進の大号令

今日はゲーセンにいけれなかったので三国雑話を書きます。

先日の対決で個人的に面白かった試合内容を書きますーー

あと「レア二枚のみの大会」のデッキやこれからの試したいデッキなんかのお話ですーー

そんな感じで

★先日の対戦で個人的にベストバウト★

こちらが

SR張遼 ・ SRホウ徳 ・ UC曹仁 ・ UC李通 ・ SRカク  (兵法・再起の法Lv.3)

相手の方が

Rゴツ突骨 ・ C孟優 ・ C帯来洞主 ・ C金環三結 ・ UCダ思大王 (兵法:再起の法)

タイトルから想像できたかもしれませんが、神速 VS 猛進 つまり騎馬 VS 象 !!!

今まで象単の人とあたったのはこれが始めてですね。 「呂布ワラ」と呼ばれるデッキなんかでは金環三結なんかをみたことわありますが。 これはこちらが有利!と思ったのは試合が始まるまで。 

序盤の競り合いでは有利に進みますが、 いったん城へと引き返します。 ダ思大王って伏兵だったんですねww  これを張遼で踏んでくれたのは助かりました! しかもあまり兵力は減らず。

何回か攻め入りますが「はじき戦法」で追い返されましたwww

勝負が動いたのは後半。 こちらがホウ徳、 曹仁、李通で攻め入ると

相手の計略

「猛進の大号令」!!!

「 なんだ猛進の大号令って?」と気に留めず進軍!!

象がなだれの様に攻め込んできましたよーーー「 うわあああああ!!」

速度が尋常じゃないのと、あの象の圧迫感!!

城に取り付かれるも後攻めで

0rairai  

 

 

 

 

 

神速の大号令「 進めぇー!」

かけて攻城中の象に突撃、突撃、突撃!

なんとか勝利!

勝ったから嬉しいのもありますが、象VS馬の対決に感動しました。

★続いては大会の話★

レア二枚大会がもうすぐ開かれますが、 みなさんは参加されるのでしょうか??

でも大会の日程中に通える事が大きなウエイトを占めそうな予感。 もちろん実力も必要ですが! 参加するとなれば私にとって初の三国志大戦イベントになるので、 興味はあります! というわけでデッキを取り敢えず考えてみました。

あんま代わり映えしませんが

SR張遼 ・ UC夏候淵 ・ UC曹仁 ・ UC李通 ・ SRカク  

にしようと思ってますーー! ようは比較的使用率が高いSRホウ徳がサブのUC夏候淵になっただけの話。

これならレア二枚なので条件みたしてますよね! ただ兵法が再起のレベルが低いのと、 神速の大攻勢が無いのがイタイですね。まだ参加するか未定なので取り敢えずデッキだけ考えてみましたよーー

★そしてこれからやってみたいデッキ★

魏4の亜種で

SR張遼 ・ R徐晃 ・ R張コウ ・ UCジュンユウ

というのを考えました。 簡単に思いつきそうな感じもしますがwww 「ぱちろー3覇王」の最近の魏4デッキの SRホウ徳をR張コウに変えてみただけなのですが......... 槍兵が1人いるのといないとではどうなるのかなーと思いいれてみたのと張コウの「刹那の粘り」によって乱戦をしやすいのではと思ったので。 

そしていつもの神速に張コウを絡ませた↓↓

SR張遼 ・ R張コウ ・ UC曹仁 ・ R楽進(李通) ・ SRカク

の五枚。 槍兵を入れる事により蜀単意識したのと 、 壁突撃のスキルアップのために槍兵による乱戦引き起し、 張遼も加わり、曹仁&楽進の連突!! 

こんな感じで二種類考えてみました。

明日、試してみようかなーー

てなわけで明日はゲーセン言ってきます!!

みなさまへ! 当ブログ、「三国志大戦2黙示録 兵法~Lv.1~」は「ブログランキング」というものに登録しています。 もし宜しければ、 下記のアドレスをワンクリックしていただけるとこのブログにポイントが入ります。 お手数ですが宜しくお願い致します! ↓↓↓

http://blog.with2.net/link.php?306436

|

« 神速マスターへの道! | トップページ | 深追いはするな。確実に敵軍を仕留めるのだ! »

コメント

張郃の粘りは本当の壊れですよ呂布の天下無双食らってもあんまり減りませんでしたから

投稿: 雑麋 | 2006年7月14日 (金) 11時26分

象は復活持ちが多いんでウザいんですよね~
そのうえ弾かれるんで、攻城も中々させてもらえません

蜀伝の14章くらいでVS南蛮兵戦があるんですが、そこで象に対して苦手意識が付きました(^^;

投稿: 5代目 | 2006年7月14日 (金) 12時51分

R張コウ強いですよネ♪
色んなデッキに組み込みやすいしw
やっぱり粘りは強力ですよw(使った事無いけどv
あれが「刹那」じゃなかったら悲惨な事に?w^^

R張コウ欲しいなぁ~…(  ̄口 ̄)


投稿: 猫耳少女 | 2006年7月15日 (土) 18時29分

どうもはじめまして
shinさんとこからリンク踏んできました
なんか空気読まずに落雷と挑発対策の質問してたヤシです

まぁそれはおいておいて
張郃は挑発対策にもなるので(迎撃ダメージが減るので)僕は魏4でいれてたこともあったんですが
武力7が少し微妙な感が否めないんですよねぇ
張郃入れてたときは(SR張遼SR関羽R張郃SR賈詡)だったんですが
序盤槍兵相手に乱戦して壁にして突撃しようとすると
張郃さんがわりとすぐに死んでいてあまり突撃できなかったり、
かといって張遼と関羽壁にして張郃の槍撃で削ろうと思ってもあまり効果がなかったんですね

張郃は確かに強いと思うのですが、それは全体強化(張郃を強化できるとき)があったときに発揮されると思っているので
それ以外は特技なしの7/5槍ですから通常状態は徐晃なんかより数段弱いんですよね

で、結局僕はR典韋にしてSR張遼よりSR関羽のほうが使いどころが多かったので神速じゃなくなっちゃったんですけどw
(コスト2枠は龐徳→徐晃と移り変わり徐晃のほうが呂布などをふくめ対策になるので徐晃に決まりました)

それにしても馬4~5体同時に扱うのって難しくないですか?
神速状態であればなおさら
僕三国志結構やってたんですが(元一品)馬の扱いが弱すぎたので修行のために先のデッキ使ってます

おもしろいですよ?
馬三体だと迎撃くらいにくいし、神速状態の体験も徐晃でできるので
機会があれば是非お試しください

って神速じゃないけど←←←


何がいいたいかというと
馬レベル=三国志大戦における操作レベルの強さの大部分を占めると思ってるので
がんばってください、というかお互いがんばりましょう

投稿: b2 | 2006年7月15日 (土) 19時41分

>雑麋さん
 こんにちは!張コウの「刹那の粘り」は本当に粘ってくれますね!ただ強いといっても過信しすぎると意外に脆いのもまた事実w 使いどころの妙でしょうね! でも間違いなく修正入るでしょうねw

>五代目さん
 そうなんです、復活持ち象だとうじゃうじゃでてきて吹っ飛ばされるので単騎で攻城は向いていないですね!

蜀章面白そうですね!私も「再起の法」のレベル上げ&神速の大攻勢の宝玉をゲットするために群雄伝にふけこもうかなーー、でもゲーセンにいくとどうしても全国やってしまう自分がいますw


>猫耳少女さん
 張コウは強いですがやはり入れるデッキによって使用した感がかわるかもしれませんねwww やはり魏武デッキには相性いいけど、神速には無理でしたw
魏スキー同士なんで、頑張って手に入れてくださいなーー

>b2さん
 はじめまして蒼々と申します。初訪問どうもありがとうございます、それに長文どうもありがとうございますーー以後宜しくお願い致します!

これから記事に書こうと思っていたのですがw、おっしゃるとおり武力7ということで乱戦時の壁の役割を担うのには少し力不足かもしれません。そこで「刹那の粘り」を使用するわけですが連突を繰り返す時間を稼ぐほど粘れない感がありました(涙)

やはり魏武デッキに組み込むのが一番理想的なのかと思いました。魏武で武力を上げ、武力上がった武将達全体に「粘り」をかける!そう考えると神速には向いてないというのが結論.......なのかなあ(涙)

b2さんは関羽・典イ・徐晃・カクの四枚ということですか!?確かに神速ではないですが、魏四としてはバランスがいいので強そうですね!!成る程、典イは強力でしょうね、ですが私持ってないんです...トレードで近いうちに手に入りそうですが! それにしても徐晃は素晴らしい武将と思いました。 復活持ちで神速戦法!この武将は魏四のキーマンかもしれませんね!! 五枚神速のコスト2枠ではホウ徳、徐晃、淵の三人でいつも迷いますが個人的な好み&特攻戦法でやはりホウ徳になりますが。

おっしゃるように馬四から五体の扱いは難しいし悪戦苦闘しています!ですが、どうしてもやりたい!理由はそこなんですよねーー神速デッキのかっこよさ・美しさ!確かに私のような未熟者では扱いきれないデッキかもしれません....でも、いつか使いこなしてやるという精神で頑張っています!「漢の意地」という奴でwww でも愚痴はよくでますがwww

b2さんお互い頑張りましょう! またアドバイスや意見など宜しくお願いいたします!

投稿: 蒼々 | 2006年7月15日 (土) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神速マスターへの道! | トップページ | 深追いはするな。確実に敵軍を仕留めるのだ! »